にきびはつぶさない

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/29(木)
にきびは自分ではつぶさない
にきびが出来ていると、凄くつぶしたくなる衝動に駆られることがあると思います。
しかし、自分で「にきび」をつぶすのは非常にリスクを伴うのでやめたほうが無難です。

にきびの原因となるコメドと呼ばれる脂の塊を上手に押し出すことができれば綺麗に治るのですが、失敗すれば「にきび」が酷くなったり、にきび跡になったりします。

知識もなく自分でにきびをつぶしまくっている人は「にきび跡」だらけになって、本当に後悔することになります。通常、にきびができても放置していれば数日ほどで炎症は治まりますが、にきび跡ができてしまった場合、完治するには年単位での時間が必要になることもあります。

赤にきびができてしまった場合も、つぶしたい衝動をぐっとこらえて我慢しましょう。

つぶしてしまうことが癖になっている人は「つぶしたら跡になって将来困る」と強く意識して下さい。私も「にきび」をつぶした経験はあるので、この衝動を抑えるのが大変なことは分かります。私の場合は鏡を見ていると、さわりたくなったり、つぶしたくなったりするので「鏡を見ない」という対策を取りました。(効果大)



にきびは皮膚科でつぶしてもらおう
皮膚科によっても、にきび治療は様々ですが、にきびをつぶしてくれる皮膚科があります。
にきびをつぶしたい人は、インターネットで皮膚科の口コミなどを調べて「にきび」をつぶしてくれる皮膚科を受診してみて下さい。

ちなみに私の行きつけの皮膚科では、にきびをつぶす治療を行っている皮膚科です。
当時、にきびだらけだった私が初めて受診したときの話ですが、ベッドに寝かされて何個も芯を取り出してもらいました。治療後に取り出した芯を見せてもらいましたが、3分ほどなのに20個以上もの芯があり驚きました。

皮膚科でなら、消毒された器具や治療後の消毒も当然してくれます。そして何より1番のポイントは「先生の技術」です。にきびをつぶす治療を行っている先生は、今までに何千個ものにきびをつぶしていることでしょう。その経験数は、個人が自分で潰すレベルとは比較にならないほど多いのです。

ということで、皮膚科で「にきび」をつぶす治療をまだ受けたことがない人は、是非受けてみて下さい。針でさして、押し出すので多少は痛いですが、我慢できるレベルだと思います。

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。