にきびは触らない

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/29(木)
「にきび」ができたときに、ついつい触ってしまう人も多いのではないでしょうか?

私も、にきびに対してあまり知識がない頃は、よく指で「にきび」を触っていました。

しかし、にきびにとってこの「触る」という行為は悪化の原因になってしまうのです。
理由「触ったときに刺激を受けて悪化する」「ばい菌が付着して悪化する」からなのです。

目には見えないだけで手には無数の菌がうようよといるようです。
手に付着している菌が全て悪い菌というわけではありませんが、にきびなどの炎症を起こしている部分に菌が付着すると、にきびの悪化につながるというわけです。

同じ理由で髪の毛にも注意して下さい。
髪の毛がにきびに触れると、菌が付着したり刺激を感じて「にきび」が悪化したりします。
家にいるときは髪の毛をくくったりして、にきびに当たらないようにしましょう。私は男ですが、家にいるときは前髪をヘアピンで止めて「おでこ」には当たらないようにしていました。



このように「にきび」には触らないことが重要です。
ついつい触ってしまうことが癖になっている人は、「にきびは絶対に触っては駄目だ」と強く意識して下さい。

起きている間は、意識してにきびを触らないようにすることはできますが、寝ているときに無意識に触ってしまうことがあります。対策として、就寝前には必ず石鹸で手を洗い、手を清潔な状態にしてから寝るようにしましょう。

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。