適度な運動をしよう

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/07/27(火)
適度な運動をすることはニキビ対策につながります。

運動をすることで、精神的なストレスが解消されたり、新陳代謝が向上したり、血流が良くなったりと様々な恩恵が受けられます。またニキビ対策だけでなく、メタボ対策や生活習慣病対策にもなります。まずは運動がどのようにニキビ対策になるかをまとめてみました。

精神的なストレスが解消される
にきびの原因に挙げられるストレス。
精神的なストレスの解消法には「運動」が効果的と言われています。
イライラしたり気分が落ち込んだりしたときは、少し気分転換に外にでて散歩でもしてみましょう。景色を見ているとだんだんとリラックスしてくると思います。

新陳代謝が向上する
新陳代謝とは人間の体の細胞が新しい細胞に入れ替わっていく活動のことを言います。一般的に人間の肌は28日周期で入れ替わるそうで、古くなった細胞は垢となります。運動をすることで、この新陳代謝の活動をアップさせることができます。

血流が良くなる
運動をすることで血流(血の流れ)が良くなります。
血液は体の細胞に栄養を送る役割があるので、血流をよくすることは肌にしっかりと栄養を送ることにつながります。



それでは適度な運動とはいったい何をすればよいのでしょうか?
適度な運動で最もよく紹介されるのは「ウォーキング」です。
雑誌やテレビ番組などでも、たいがいウォーキングが紹介されます。

少し早歩きのペースで20分~30分程度を目安に歩きましょう。
お昼の情報番組では「10分の運動を1日に3回にわけて歩くのも効果的」と紹介されていました。運動をする時間がとれない方は、近場であれば乗り物を使わず歩いてみたり、エレベーターを使わずに階段を使うなどして、日常的に歩く動作を意識的に増やしてみてはどうでしょうか?



<ウォーキングの注意点>
注意点としては「水分補給」と「紫外線対策」と「汗対策」が挙げられます。

水分補給
運動中はこまめに水分を摂取するようにしましょう。
体が水分不足になると血液の循環が悪くなり、心臓に負担がかかったりと体にとって悪いことが起こります。運動前には水分をしっかりと補給していきましょう。暑い日に歩くときや、長時間歩くときはペットボトルを持参して運動中でも水分が補給できるように準備をしていきましょう。

紫外線対策
紫外線はにきびに悪影響をもたらします。
皮膚が乾燥して毛穴がつまりやすくなったり、皮脂が酸化して有害物質が発生してにきびを悪化させたりします。私は夏に皮膚科を受診したときに「紫外線だけには気をつけなさい。できれば外出は極力控えなさい」と言われたことがあります。

太陽が出ているときに、ウォーキングをする場合は紫外線対策(帽子をかぶる、日焼け止めクリームを塗るなど)をして下さい。できれば、日が沈んでからのウォーキングを私はオススメします。

汗対策
最後に、運動をしたら汗をかくので帰ったらお風呂に入って汗を流して下さい。
汗をかいた状態で放置すると、雑菌が繁殖してにきびの悪化につながります。
運動後でなくても汗をかいたら、タオルやティッシュなどで汗をふきとって、常に肌を清潔な状態に保つように心掛けて下さい。

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。