洗顔後のスキンケア

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/26(日)
洗顔後、何もせずにそのままにしていませんか?

洗顔後は顔の保湿成分が少なくなっているため乾燥しやすくなっています。
乾燥した肌は、再生機能の働きを悪くしたり、皮脂を過剰に分泌したりと「にきび」の原因や悪化につながります。

そのため、洗顔後のスキンケアに欠かせないアイテムが「化粧水」と「美容液」です。

男性の方は「化粧水や美容液は女性だけが使うもの」と思っている人も多いと思いますが、そんなことはありません。男性の方も肌のためには使ったほうが良いのです。

この記事では「化粧水」と「美容液」について解説します。



化粧水

化粧水の使用目的はズバリ「水分補給」です。
化粧水を使用することでお肌に潤いを与えて肌荒れを防ぐ効果があります。

しかし化粧水の成分のほとんどは「水」なので、蒸発してしまえば終わりです。
そのため保湿効果のある「美容液」を、化粧水の後に使うことが基本になります。

化粧水は手の平全体に広げ、やさしく肌を包み込むようになじませて使います。
全体的になじんできたら、指先で「目元」や「鼻の下」などの細かい部分にもなじませます。

コットンを使う人もいると思いますが、コットンの繊維で肌を傷つけてしまう可能性があります。(特に敏感肌の人や、にきびができている人はコットンの使用は注意)



美容液

美容液の使用目的はズバリ「保湿」です。
美容液を使うことで、角質の中にある水分の蒸発を防ぐ効果があります。

保湿がきちんとできていると「にきび」だけでなく、肌のたるみ&しわ&シミなどの予防にもつながります。

手順としては「化粧水」でお肌に水分を与えた後に「美容液」を使うのが基本です。

美容液の使い方についてですが、化粧水と同じように顔になじませて下さい。
乾燥が気になる箇所には、ケチらずに多めに使いましょう。



以上が化粧水と美容液の説明になります。

商品によって、手順や使い方が上記の説明と異なるものもあります。
商品に使い方の記載がある場合は、それに従って使用して下さい。

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。