洗顔の基本知識

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2010/09/15(水)
にきび治療の基本はなんといっても「洗顔」です。

正しい洗顔を行えば、毛穴の汚れを取り除くことができるため、白にきびの発生を抑えることができます。このように洗顔は治療だけでなく、にきび対策としての効果が高いのです。

しかし、意外と間違った洗顔をしている人が多いのが現実です。
間違った洗顔は、にきびを治療するどころか悪化させてしまう可能性が大!

こちらの記事では「洗顔の基本知識」を記述しています。
自分の洗顔方法が間違っていないかどうかチェックしてみて下さい。



1日の洗顔回数は2~3回が適切

洗顔というと「すればするほど良い」というイメージがありますが、実はそうではありません。

洗顔のしすぎは肌に必要な分の皮脂や、セラミド(肌のバリア機能の成分)まで洗い流してしまいます。その結果、肌のバリア機能が低下して毛穴が詰まりやすくなり、にきびができやすくなってしまうのです。

手も洗いすぎると手荒れの原因になりますよね。お肌も同じなのです。

洗顔回数の基本は、朝と夜の合計2回。
多くても3回ぐらいにしておきましょう!



泡でやさしく丁寧に洗う

洗顔の最大のポイントは「やさしく丁寧に洗う」というところです。

人間の皮膚は私たちが想像している以上にデリケートなので、ちょっとしたことで細胞が傷ついたり、炎症が悪化することにつながりかねません。(体もタオルを使わず、手で洗うのが良いと言われています)

特に顔の皮膚は薄いので、傷つけないようにやさしく洗うことが重要です。

手のひらを使って摩擦で顔をゴシゴシ洗っている人は多いと思いますが、この洗顔方法では肌が傷ついてしまう可能性があります。しっかりと泡を立てて「泡」だけで洗うイメージでゆっくりとやさしく洗顔して下さい。



泡立てネットを使う

上記では「泡」で顔を洗うことが効果的と説明しました。

手のひらで十分な泡を立てることは非常に難しいですよね。
そこで役立つアイテムが「泡立てネット」です。

泡立てネットなら誰でも簡単に「キメ細かな泡」を立てることができます。
「キメ細かな泡」になればなるほど、皮脂や汚れを浮かしやすくする効果があります。

泡立てネットは洗顔効果を高めるための必須アイテムと言えるでしょう。
安価なものなので、持っていない人は是非購入して下さい。


洗顔用泡立てネット洗顔用泡立てネット

ビッグフィールド
売り上げランキング :

Amazonで詳しく見る


以上で「洗顔の基本知識」の解説は終了です。

次はいよいよ具体的な「洗顔方法」の手順について解説していきたいと思います。
下記の関連記事からリンクをクリックして進んで下さい。



<関連記事>

にきびに効果的な洗顔方法 (具体的に洗顔方法を解説しているページです)

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。