ビタミンC

正しい「にきびの治し方」を解説しているブログです。
--/--/--(--)
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2011/09/24(土)
にきびは、毛穴に皮脂が詰まることで発生します。

そのため皮脂の分泌を抑えることが、にきびの発生を防ぐことにつながります。

このページでは、皮脂の分泌を抑える方法を具体的に紹介していきたいと思います。


思春期にきびに悩んでいる方は、意識して皮脂の分泌対策を行って下さい。
(思春期にきびの大きな原因は、皮脂の過剰な分泌だと言われています。)



皮脂の分泌を抑える方法 (保湿編)

肌が乾燥していると、水分不足を回避するため皮脂が過剰に分泌されます。

そのため化粧水や美容液を使って肌の保湿をきっちりと行って下さい。

特に重要な役割を果たすのが美容液です。

化粧水だけだと、水分が飛んでしまうため美容液で蓋をしてあげましょう。



皮脂の分泌を抑える方法 (ビタミン編)

お肌のトラブルにはビタミンの栄養素の摂取が欠かせません。

皮脂分泌を抑える働きをする栄養素にはビタミンC、ビタミンB2、ビタミンB6。


ビタミンCが多く含まれている食品は「ほうれん草」「小松菜」「オレンジ」「いちご」など。

ビタミンB2が多く含まれている食品は「豚レバー」「納豆」「ししゃも」「プロセスチーズ」など。

ビタミンB6が多く含まれている食品は「鶏むね肉」「カツオ」「バナナ」「じゃがいも」など。


これらの栄養素を含む食品を積極的に摂り、サプリメントでも補うと良いでしょう。



皮脂の分泌を抑える方法 (食事編)

皮脂の分泌について考えるとき、毎日の食生活を見直す必要もあります。

「油分」や「糖分」は、体内で中性脂肪になり皮脂の分泌を促してしまいます。

そのため 油っこい食べ物や、甘い食べ物の摂取はほどほどにしておきましょう。

こちらの項目は「にきびに悪い食べ物とは?」のページで詳しく解説しております。


スポンサーサイト

タグ : にきび 美肌 にきびの治しかた 皮脂の分泌 美容 ビタミンC ビタミンB2 ビタミンB6

2010/12/03(金)
にきびに悩んでいる人の多くは「にきび跡」にも悩んでいることだと思います。

「にきび跡」は治すのに時間がかかります。

そして残念なことに、元の肌に完璧に戻すことができない場合もあります。

そのため、少しでも「にきび跡」を作らせないという姿勢が必要です。

こちらの記事では「にきび跡」についての知識や、治し方を解説していきます。



【にきび跡を作らないために】


にきび跡の治療の前に「にきび」を作らない環境を整えることが重要です。

にきび跡の治療には長い時間がかかります。

治療中に新たな「にきび跡」ができるようでは、いつまで経っても綺麗な肌にはなりません。

焦らずに、まずは通常の「にきび」対策に力を注いで下さい。



「にきび」ができても必ず「にきび跡」になるとは限りません。

問題はにきびの症状が「赤にきび」「黄にきび」になったときです。

皮下組織が傷ついているため、にきび跡になってしまう可能性があります。

そのため、軽度の段階でにきびを治すことが「にきび跡」を作らないポイントだといえます。

当サイトの「知識編」「洗顔編」「生活習慣編」で紹介している対策を是非実戦して下さい。

にきび対策をすることが、にきび跡の対策にもなります。


そして、もう1つ重要なことは、にきびをさわらない&つぶさないこと!

刺激を与えることで細胞が傷ついたりバイ菌が入ってにきび跡になる確率が上がります。

にきびを触ったり、つぶしたりすることはそれほど大きなリスクが伴うのです。



【にきび跡の治し方 (新陳代謝 編)】


新陳代謝とは「人間の体の細胞が新しい細胞に入れ替わっていく活動」のことを言います。

古くなった細胞は垢となって落ちる変わりに、新しい細胞が作られるのです。

この新陳代謝を繰り替えすことで「にきび跡」は改善されていきます。


正常であれば肌は約1ヶ月のサイクルで生まれ変わるのですが、

新陳代謝のサイクルが乱れていると、古い皮膚は蓄積されてしまいます。

そうなるともちろん「にきび跡」の改善は見込めず、毛穴も詰まりやすくなってしまいます。

このような状況を防ぐために、新陳代謝を良くする方法を意識して実戦してみて下さい。


新陳代謝を良くする方法には「バランスの良い食事」「適度な運動」「睡眠」など!

どの項目もすでに当サイトでは解説してきたものになります。

詳しく知りたい方は左メニューのカテゴリから、リンク先を閲覧して頂ければ幸いです。


「半身浴」や「水を飲む」ことで血の流れを良くすることも効果的と言われています。

健康的な生活をおくることが、新陳代謝を良くすることにつながるわけです。




【にきび跡の治し方 (ビタミンC 編)】


「ビタミンC」は「にきび」や「にきび跡」に効果のある栄養素です。

具体的な効果については別ページにまとめているので以下を参考にして下さい。


にきびに効果のある栄養素


できれば毎日、摂取するように心掛けましょう。

手軽に摂取できるサプリメントがお勧めです! (私は毎日飲んでいます)




【にきび跡の治し方 (ピーリング治療 編)】


ケミカルピーリング(ピーリング治療)とは、皮膚科で行われている治療法の1つです。

(皮膚科によって実施している皮膚科と、していない皮膚科があります)


顔の表面に酸(グリコール酸やフルーツ酸など)の液体を塗って、

古くなった皮膚の角質を取り除き、新陳代謝を良くする治療法です。



皮膚を少し溶かすのでヒリヒリとした痛みを伴うことがあります。

料金は少し高く、私が行った皮膚科では3000円の所と5000円の所がありました。


気になる方は、ピーリング治療を実施している皮膚科に行って説明を受けて下さい。

こちらの治療は1度だけで終わりにするのではなく、定期的に行うことが重要です。




【にきび跡の治し方 (自宅でピーリング治療 編)】


「ピーリング石鹸」と呼ばれる石鹸で洗顔をすることで、自宅でピーリング治療が可能です。

ピーリング石鹸には、古くなった角質を取り除くために薄い酸が配合されています。


普通の石鹸と比べると価格は高いのですが、皮膚科での治療費用に比べると安い!

皮膚科に行く時間がない人や、節約したいという方は購入してみてはいかがでしょうか?


ピーリング石鹸にも種類がたくさんあります。

知名度の高い人気石鹸は「アイナソープ400」なので、これを使ってみると良いでしょう。


プロアクティブを使う前に、私もこの石鹸を購入して試したことがあります。

使った感想としては肌がさっぱりして、通常の石鹸よりしっかり洗顔できる感覚がしました。


人によっては「乾燥しすぎる」「効果が見込めない」などの意見もあります。

自分の肌に合うかどうか、気になる人は是非試して下さい!
2010/10/29(金)
こちらの記事ではストレスの具体的な発散法を記載しています。

ストレスと上手に付き合っていくために知っておいて損はない知識!

どれも手軽に行えるものばかりなので、是非今日から実践してみて下さい。




【休憩時間を取り入れる】


仕事や何らかの作業をする場合は、休憩時間を取り入れることが重要です。


人間の集中力・・・実は心理学的には25分と言われています。


休憩時間を取らずに作業を続けていると、疲労が溜まりストレスの原因になります。

せめて60分に1度くらいは作業を中断して休憩時間(5~10分)を取るようにしましょう。

何時間もぶっ続けでやるより、休憩を取り入れたほうが効率的にも良くなります。


休憩時間は仕事のことは忘れて飲み物を飲んだりして「まったり」と過ごしましょう。

これはストレスを溜め込まないテクニックだと言えます。




【趣味に時間を使う】


趣味や特技などに時間を使うことはストレスの発散になります。


「趣味や特技がない」と言う人でも大丈夫です。

重要なのは「自分が楽しいと思えることをする」と言うことです!

読書をする、部屋の掃除をする、パソコンをする、ビデオを見る・・・などなど。

どんなことでもいいので自然に「楽しい」と思えることをして下さい。


忙しくて趣味にかける時間がないという人もおられると思います。

しかし、ストレスを発散する機会を作らなければ「ストレスにきび」の改善は見込めません。

少しでもいいので、ストレス発散のために自分が楽しめる時間を作って下さい。




【アロマをはじめてみよう】


「アロマ」という単語はほとんどの人が聞いたことがあると思います。

アロマは、植物に由来する芳香成分の香りをかいで心の健康を促進する効果があります。

簡単にまとめると、良い香りをかいでリラックスできる効果があります!


アロマは、ストレスの発散に効果があると注目が集まっています。


現在では、いろいろなアロマグッズが販売されています。

(パソコンのUSBに差し込むタイプのものや、加湿器と合体したアロマ加湿器など)


私はロフトを訪れたときにアロマ加湿器が気になったので思いきって購入しました。

自宅にいるときは本当にリラックスできるので、よく使っています。

いろいろな種類のアロマオイルがあり、効果も種類によって違うようです。

(私はストレスにも効果があるということでラベンダーを使用)


まだアロマをやったことがない人は、是非始めてみては如何でしょうか?




【にきびを気にしすぎないようにする】


にきびに悩んでいる人の多くは、それ自体が大きなストレスになってしまっています。


「にきびに悩む」→「ストレスが溜まる」→「にきびができる」→ 繰り返し。

このような悪循環を断ち切るためにも、にきびに悩みすぎないことが重要です。


これに関して、私がお勧めするのは「鏡を見ない」という対策法です。

にきびに悩んでいる人は、鏡とにらめっこしている時間が長いと思います。

私もにきびに悩まされていた日は、しょっちゅう鏡を見て ため息ばかりついていました。


にきびができている顔を見ても気分が下がるだけ!

思い切って鏡を片付けて、自分の顔を見ないようにしましょう。


私の場合は、にきびを触るという衝動も抑えられてかなり効果がありました。




【ビタミンCを摂取する】


にきびの治療に効果のある重要な栄養素「ビタミンC」。

「ビタミンC」には、ストレスに対する抵抗力を高める作用もあるんです。


人間はストレスを感じると、身を守ろうと副臓から「抗ストレスホルモン」を出します。

ビタミンCは、この抗ストレスホルモンを作るときに必要な栄養素になるんです。



「ビタミンC」に関する詳しい解説は別のページでも行っています。

気になった方は、是非参考にして下さい。 → ( にきびに効果のある栄養素 )


「ビタミンC」の摂取は手軽なサプリメントがオススメです。

私は毎日「Nature Made(ネイチャーメイド)」の「ビタミンC500」を飲んでいます。




【ウォーキングをする】


ストレスの解消に効果的と言われているのが「適度な運動」をすること。


運動が苦手な人でもウォーキングであれば身体に負担はかかりません。

ほんの少しの時間でもいいので、外に出てウォーキングをしてみて下さい。

風景や涼しい風などの自然を感じることができて予想以上にリフレッシュできます!


ウォーキングをすることはストレスを発散させる以外にもたくさんのメリットがあります!

「適度な運動」に関しては別ページで詳しくまとめています。

気になった方は、是非参考にして下さい。 → ( 適度な運動をしよう )


2010/09/10(金)
こちらの記事では「にきび」に効果のある栄養素を紹介したいと思います。
にきびにお悩みの方は、こちらで紹介する栄養素を意識してできるだけ毎日摂取するように心掛けましょう。

注意点としては、この記事で紹介する栄養素だけを摂取するのではなく、バランスよく「5大栄養素」を摂取することです。バランスの良い食事をして、さらに「にきび」に効果的な栄養素を意識して取ることが理想的です。

5大栄養素についての解説は「バランスのよい食事をしよう」と言うタイトルの記事で行っています。このページの1番下に「関連記事」という形でリンクを掲載しているので、まだ見ていない人は是非見て下さい。



ビタミンC

ビタミンCは「にきび」に対して非常に効果のある栄養素です。
にきびに対してどのような効果があるのか、またどの食品に多く含まれているかを解説します。



ビタミンCの効果-皮脂の酸化を防ぐ

ストレスを感じたり、紫外線を浴びるとことで皮脂は酸化すると言われています。
皮脂が酸化すると、周囲の細胞を傷つけたり「黒にきび」の発生原因になったりします。
ビタミンCは強い抗酸化作用を持っているので、皮脂の酸化を防ぐ効果があります。



ビタミンCの効果-コラーゲンの生成を促す

メディアでも大きく取り上げられ、美容にはかかせない「コラーゲン」。
ビタミンCには、コラーゲンの生成を促す効果があります。

コラーゲンとは、たんぱく質の一種で体中の細胞をつなぎとめる役割をもっています。
そのためコラーゲンが不足すると、お肌にハリや潤いがなくなったり体全体の老化につながります。

にきびに関しては、コラーゲンは「にきび跡の修復」「乾燥を防ぐ」といった効果があります。



ビタミンCの効果-ストレスに対する抵抗力を高める

人間はストレスを感じると、ストレスから身を守ろうと副臓から「抗ストレスホルモン」を出します。ビタミンCは、この抗ストレスホルモンを作るときに必要な栄養素になります。

ストレスが「にきび」の原因になることもあるので、イライラしやすい人は「ビタミンC」が不足しているかもしれません。積極的にビタミンCを摂取するようにしましょう。



ビタミンCの効果-メラニン色素の生成を防ぐ

紫外線から私たちの肌を守ってくれる役割を持つ「メラニン色素」ですが、シミの原因になるということで嫌われものな物質でもあります。ビタミンCには、メラニン色素の生成を防ぐという効果もあります。

メラニン色素の生成を防ぐと、しみを薄くさせたり、しみの予防にもなります。
にきびに関しては「色素沈着したにきび跡」を薄くさせる効果があります。



ビタミンCの効果-過剰な皮脂の分泌を防ぐ

「過剰な皮脂の分泌」はにきびの原因になります。
皮脂の分泌が多い人(肌がテカテカと脂ぎっている)は要チェックです!
皮膚の分泌を抑える栄養素はビタミンC以外にも、ビタミンB2、ビタミンB6が挙げられます。



ビタミンCが多く含まれている食品は?

上記のように効果が満載のビタミンCですが、どの食品に多く含まれているのでしょうか?
ここからはビタミンCが含まれている食品を羅列していきたいと思います。
主に、緑黄色野菜やフルーツに多く含まれていることが分かります。

<ビタミンCが多く含まれている食品>
柿(カキ)、オレンジ、キウイ、グレープフルーツ、イチゴ、アセロラ、レモン、パパイア、パイナップル、赤ピーマン、黄ピーマン、ブロッコリー、ピーマン、小松菜、カリフラワー、ほうれんそう、れんこん、キャベツ、パセリ、じゃがいも、さつまいも、やまいも、ロースハム、ベーコン、たらこなど



ビタミンCはサプリメントで補おう!

なかなか毎日ビタミンCを含む食品を摂取することは難しいと思います。
そこで重宝するのが「サプリメント」です!

お薬のような錠剤を飲むだけで手軽に「ビタミンC」を摂取することができます。
私は「Nature Made(ネイチャーメイド)」の「ビタミンC500」を毎日飲んでいます。

「サプリメント」の解説は別のページで行っているので、以下の関連記事を参考にして下さい。



<関連記事>

バランスのよい食事をしよう (5大栄養素について解説しているページです)
いろいろな種類の食品を食べよう (食べる食品の種類が多いほど栄養素が取れます)
サプリメントを活用しよう (ビタミンの栄養摂取はサプリメントがオススメです)

2010/09/07(火)
サプリメントとは?

手軽に栄養を摂取できる「栄養補助食品」です。
お薬のような形をしていますが、食品なので薬と違って副作用はありません。

しかし、サプリメントにも注意すべき点はあります。
これからサプリメントを飲んでみようと思う人は、注意点も理解してから購入して下さい。



サプリメントの注意点とは?

サプリメントの注意点として挙げられるのは、栄養の過剰摂取に注意することです。

栄養素にはそれぞれ1日の所要量目安という基準が設けられています。
例えば食事でしっかりと「ビタミンA」を摂取しているにも関わらず、「ビタミンA」のサプリメントを飲んでしまうと「吐き気」「頭痛」「下痢」などの症状がでることがあります。

食べ物でも「同じものばかり食べてはいけない」と言いますが、サプリメントも同じです。同じ栄養素ばかり摂取しすぎるのはよくないのです。その日の食事で不足している栄養素があれば、サプリメントで補う感覚で活用して下さい。



にきびに効果のあるサプリメントは?

やはり1番気になるのは「にきび」に効果的なサプリメントの存在!
ずばり私がオススメするのは「マルチビタミン」と「ビタミンC」のサプリメントです。
この2つは実際に私が何年も飲み続けているサプリメントなので、自信を持って紹介できます。


【マルチビタミン】

5大栄養素はもちろん、複数の栄養素が少しずつ含まれているサプリメントです。
バランスよく栄養素を摂取することができるため人気!

私は「Nature Made(ネイチャーメイド)」の「マルチビタミン&ミネラル」を常備しています。

毎日飲まなくても「今日の食事はバランスが取れてない」と感じた日に飲むと良いでしょう。


ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 200粒ネイチャーメイド マルチビタミン&ミネラル 200粒

大塚製薬
売り上げランキング : 107207

Amazonで詳しく見る




【ビタミンC】

にきびに効果的な栄養素と言えば何といっても「ビタミンC」です!
このサプリメントは是非、にきびに悩んでいる人には飲んでもらいたいもの。

私は「Nature Made(ネイチャーメイド)」の「ビタミンC500」を毎日飲んでいます。

ビタミンCはどのような効果をもたらすのかは別のページにまとめていますので、気になった方は関連記事(このページの1番下)を参考にして頂けると幸いです。

ビタミンCは1日の所要量目安を越えても尿となって排泄されるため、それほど所要量目安にこだわらず毎日摂取するようにしましょう。(過剰摂取についてですが、ビタミンCは問題ないという説もありますが、尿路結石の発生になるという説もあるので、過剰には摂取しないようにしておいたほうが無難です。)



ネイチャーメイドC500(200粒)ネイチャーメイドC500(200粒)

大塚製薬
売り上げランキング : 77

Amazonで詳しく見る


<関連記事>

にきびに効果のある栄養素 (ビタミンCの効果や、ビタミンCを含む食品を紹介しています)

 | Copyright © にきびの治し方 (まとめ) All rights reserved. | 

 / Template by パソコン 初心者ガイド
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。